こんにちは、まじころです。

「アナックNo.1」の販売を開始しました。
拙作ではありますがよろしくお願い致します。m(_ _)m

>昔からのファン様
コメントありがとうございます!
声優様が頑張ってくださったおかげでいい唾吐きシーンが録れました。^^

>Mr.K様
事後報告で恐縮ですが、
アイディアをご提供いただいていたので、
スタッフロールにお名前を掲載させていただきました。





さて、次回作(か、次々回作か、次々々回?)はRPGにすんべかと思い、
下準備がてら、女戦士様のキャラチップを。

senshi

タイトルは「サキュバスクエスト」にしたかったものの、すでに同名の名作があるので、

「ペニバンクエスト」……

「フェムダムクエスト」……

う~ん……


それにモチーフをドラクエにした場合に避けられないのが主人公のセリフの問題ですが、
さすがにHシーンでは無言でいるわけにもいかないでしょう。

そういえば、FFシリーズはセリフがあるため、
DQに比べてどうしてもシンクロしにくいという話を聞きますが果たしてそうでしょうか?

もうずいぶん昔のことですが、私も皆さんと同じように、
愛するティファたん最強キャラにしようと、
主人公のクラウドよりもまず、彼女のLvを上げ、
強力な装備やマテリア、ブースト系のアイテムも彼女に回して育てていました。

そういうわけですから、「マテリア:乱れ打ち」(ランダムで4回の打撃攻撃)
彼女に装備させるのも当然のことでした。

ところがある日の旅の途中、敵の混乱攻撃により突如悪堕ちされたLv99ティファ様は、
まずペットのレッドXIIIを犬っころでも蹴りとばすかのように一撃で葬り去ると
クラウドに向き直り、続けざまに三発の蹴りを叩き込んだのです。

9999のHPを持つクラウドも、かろうじて立ってこそいるもの瀕死状態です。

ミストレスティファのスピードは、従者クラウドをはるかに凌駕しているため、
次ターンの行動順もティファ様から。

もはや全滅は免れない状況に、
次ターンを待つ間の数秒間、私は焦りながらも、

なぜか言い知れぬ期待感を感じていました。


そして、次ターン。

クラウドの鳩尾や太ももに叩き込まれる、ティファ様の乱打!!

私の記憶が正しければ、一回の攻撃がパンチ→ハイキック→ローキックでしたから、
マテリア乱れ打ち装備でそれが4セット、合計12発の打撃が瀕死のクラウドに叩き込まれたのです。


ここまで言えば皆さんおわかりでしょう。

その時、私は完全にクラウドとシンクロしていたのです!


そしてその日から、私のFF7ライフは、
味方攻撃コマンドでティファ様を操作し、クラウドを嫐り回すという歪な遊戯に変わりました。