ご卒業ご入学おめでとうございマゾ!

まじころです。

先日、岡田斗司夫が、
イギリスの料理が不味いのはイギリス人がマゾだからだ。
不味い料理でも不満を言わず、我慢して食べるのが貴族という意識がある。
みたいなことを言っていました。

ドM紳士という言葉がありますが、M男を貴族に例えるのは、
オタクをエリートに例えるような、
「お前ら(非オタ、非M)には、俺たちの高尚な趣味(オタ、マゾ)はわからないだろう」
といった、プライドや良い意味での排他性なのかと思いますが、
貴族である以上、そこには我慢や義務が生じるのでしょう。

性犯罪についての専門書によれば、
M男性中には、下着泥棒などに走る不届き者が比較的多いらしいですが、
貴族、紳士ならば下ろしたてで我慢せねばなりません。

我慢してこそのマゾなのです。

とかいいつつ、『ペニバンクエスト』の主人公は、
あっちこっちの町で、下着や靴あさりしてるんですが……(;´Д`)


……と、ネタが無かったので、いつもながらのこじつけトーク。



↓オススメサークルさんの作品。(アフィリエイト経由で自分が買う用)

「Fighting School」The Nation of Head Scissorsさん
 

「姉御!2」くろふーどさん
 



愛する息子の躾け方